一般社団法人「親なきあと」相談室 関西ネットワークが設立されました

今、講演会やメディアでお忙しの
社会整理士である藤井奈緒先生が
新しい会社を立ち上げられましたので、
ご報告させて頂きます。

ここからは、
代表の藤井先生と藤原先生のお言葉です。

「親なきあと」

障害のある我が子は、
私が面倒をみられなくなったあと
一体、どうやって生きていくのだろう?
誰が面倒をみてくれるの?
どのように面倒みてくれるの?
生活費はどうするの?
住む場所は?
病気になったら?
最期は誰が看取ってくれるの・・・?

一生終わることのない子育て・・・。
自分の老いを実感しながらも
「この子よりも1日でも長く生きなくては」と
不確かな決意を抱きつつ、
不安が尽きることはありません。

ですが、そんな風に悩んでいるのは
あなただけではありません。
それに、様々な社会資源を活用すれば
あなたのお子さんも、きっと笑顔で幸せに
暮らしていける世の中です。

不安ばかりの未来に立ち向かうべく
私たちはたくさんの仲間を募りました。
そして、集まってくれたメンバーと共に、

令和元年6月に

一般社団法人「親なきあと」
相談室 関西ネットワーク


を設立しました

この組織を立ち上げた私たちは、
障害のある子を育てる親の立場です。
そして、この組織のメンバ―もまた、
1人1人全員が障害者の親やきょうだいなどの
親族という立場で且つ、福祉、法律、金融等の、
各方面でのプロフェッショナルです。

毎月開催のセミナーや、
個別相談、協力機関の開拓など
「親なきあと」の心配が、
なるべく少なくて済み
何よりも、残された我が子たちが、
一生笑顔で暮らしていける
そんな社会を目指して活動をして参ります。

また、今後も引き続き、
志高い仲間を増やし、
どのようなご相談にもワンストップで
対応できる組織を目指して参ります。

地道な活動となりますが、
真摯に取り組んで参りたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します

令和元年7月1日 
一般社団法人「親なきあと」相談室 関西ネットワーク

代表理事 藤原 由親
代表理事 藤井 奈緒



藤原代表と藤井代表が、
まさに当会と同じ

次世代に
おもいやりのバトン
をつなぐために、


立ち上げられた会社です。

月並みに地道な活動と仰っておりますが、
救われる方が、たくさんおられることですし、
ハイペースで拡大していかれることと
思います。

当会も心から応援して参りたいと思います。
そして、設立おめでとうございます。

一般社団法人 社会整理士育成協会
代表理事 鈴木健司
  理事 鈴木吉正